炭酸パックの使い方

自宅で、自分でおこなうことができるのが、炭酸パックのいいところです。

エステサロンの人気プログラムでもありますので、
エステサロンで炭酸パックを受けてみるのもいいですが、
まずは、お手軽で安価な炭酸パック製品を自宅で試してみましょう。

炭酸パックの手順は簡単ですので、ぜひまず試してみて下さい。

炭酸パックの使い方は次の通りです。

1.洗顔をします。
炭酸パックの使い方-洗顔
炭酸パックの前に、肌を清潔にするため洗顔をします。
これはお肌をお手入れするときの基本ですね。
肌に皮脂が浮いていたり、汚れがついていたりすると、炭酸パックも効果を発揮しきれません。

2.冷やしたタオルや冷水で顔を冷やしましょう。
顔を冷やしておくほうが炭酸パックは効果がより発揮されます。
これは炭酸ガスが低温のほうが発泡しやすいためです。

ただ、寒い冬に顔を冷やしたくない、あるいはその手間を省きたいという方には、
フェブリナの新製品、フェブリナジェルパックSのように、顔を冷やす必要がない製品もあります。

3.炭酸パックの準備をします。
炭酸パックの使い方-炭酸パックの準備
炭酸パックのジェルに、発泡剤であるパウダーを加え、二酸化炭素を発生させます。
このでのポイントはあまり混ぜすぎないことです。
この段階で混ぜすぎてしまうと、その時点で二酸化炭素が早く発生してしまうためです。
パウダーの顆粒が消えない程度にさっくりと混ぜましょう。

混ぜない1剤タイプの炭酸パック製品も発売されています。

最近の炭酸パックの進化により、混ぜない炭酸パックにも効果の高い製品が増えています。
初めての炭酸パックとして、I’m PINCH(アイムピンチ)スパークリングジェルパック
肌ナチュール リッチモイストクレンジングのような炭酸パックも体験できる炭酸泡洗顔料、
リッチフィズのような炭酸ローション、iN-BE+v (インヴィプラスブイ)のような炭酸ミストを試してみるのもいいでしょう。

4.顔にジェルを塗り、20分~30分待ちます。
付属のスパチュラで(付属していない炭酸パック製品もあります。)炭酸ジェルを顔に乗せ、広げていきます。
顔にジェルを塗った後、フェイスシートをする方が効果的です。
多くの製品は、回数分のフェイスシートが付属していますが、付属していない場合はサランラップなどで代用できます。

炭酸パックは、目の周り、口元などデリケートな部分にもパックすることができます。
(ただ中には「目の周りは避けて下さい」と説明に書かれている炭酸パック製品もありますので、
説明書はもちろんよく読んで下さいね。)
ただ目の付近をパックするときは、目に入らないように注意しましょう。

炭酸パックのパック時間は、20分~30分という製品が多いですが、
製品によっては、説明にパック時間が15分と書かれている炭酸パックもあります。
その炭酸パック製品の説明書に従って時間を炭酸パックをしましょう。

5.炭酸パックを取り除き、洗い流します。
スパチュラで炭酸パックを取り除き、顔に残っているジェルを洗い流します。
このとき、フェイススポンジを使うと洗い流すのに便利です。
(フェイススポンジが付属している炭酸パック製品もあります。)

スパチュラで取り除いた炭酸パックはまだ使うことができます。
肘や膝など、気になる部分にパックしましょう。

6.炭酸パックのあとはいつものお手入れを。
炭酸パックのあとはいつものお手入れで大丈夫ですが、もし乾燥ぎみに感じるようなら保湿を心がけて下さい。
(保湿ジェルが付属している炭酸パック製品もあります。)

「炭酸ガス」という言葉で二の足を踏んでしまう方もいらっしゃるようですが、
普通の美容パックとかわりません。

別ページで炭酸パックの楽しみ方をご紹介したいと思います。
ぜひ気軽に炭酸パックを楽しんで頂きたいと思います。

>>TOPへ

>>炭酸パックおすすめランキングへ

炭酸パックの効果~顔のたるみに効く!

女性にとって、顔のたるみ、頬のたるみは大変気になるものの1つです。

たるみは顔全体の印象を大きく左右します。
特にアンチエイジングを気にかける方には大敵です。
たるみはその範囲が大きいこともあって、エイジングケアに大きな影響を与えます。

美しい顔のラインは、エイジングケアの世代でなくとも気になるところではないでしょうか。
少しのたるみで疲れているような印象を与えるなど、顔の印象を左右するだけに、
ぜひ美しいラインをつくりたいものです。

顔がたるむ要因は?

肌がたるむ原因というのは、大きくは筋力が落ちた肌が重力にまけるということが挙げられますが、
それ以外にも要因があります。

顔の余分なむくみや老廃物は重さを加え、顔たるみの原因にもなります。

年齢を重ねると、肌の弾力が衰えますが、
それもまた顔たるみの大きな要因です。

炭酸パックはたるみにも効果!

炭酸パックは肌の血行・血流を促進することで、
残った老廃物や余計な水分の排出を促します。
同時に酸素や栄養素の運搬を促進し、肌細胞を活性化させます。

炭酸パックはそのように新陳代謝を活性化させ、弾力の衰えた肌細胞に力を与えることができます。

肌のハリに欠かせないのが、コラーゲンやエラスチンですが、
これらの生成には、正常なターンオーバーが大変重要な役目を果します。
炭酸パックは新陳代謝を活性化されることで、加齢やその他の要因で乱れたターンオーバーを正常化へと導きます。
炭酸パックの炭酸による引き締め効果によって顔のラインの変化を感じることができます。

>>TOPへ

>>炭酸パックおすすめランキングへ

炭酸パックのボーア効果

ボーア効果(Bohr effect)とは、
血液中に二酸化炭素(炭酸ガス)の量が増えると、酸素を運搬するヘモグロビンから酸素が解離しやすくなり、
細胞により多くの酸素が供給される働きです。

肺から供給される酸素は、血液中の赤血球に含まれるヘモグロビンによって、体内の隅々に運搬されています。
ヘモグロビンは、細胞に対し酸素を供給する役目を担っているのですが、
その際、酸素を供給するのと引き換えに、二酸化炭素(炭酸ガス)を回収します。

ヘモグロビンにとって、二酸化炭素(炭酸ガス)は、酸素を供給する引き換えチケットのようなものなのです。
二酸化炭素(炭酸ガス)がたくさんあるとその分酸素が多く供給されます。

酸素が美容、健康に果す役割は大変重要です。
これこそ、炭酸ガスを閉じ込めたジェルが肌内に炭酸ガスを送り込むことによって、
様々な美容効果を得られる炭酸パックの働きなのです。

>>TOPへ

>>炭酸パックおすすめランキングへ

炭酸パックの歴史

炭酸パックに起源は、中世のヨーロッパに遡ります。

ヨーロッパには、炭酸泉が多く存在し、中世のヨーロッパですでに炭酸浴による炭酸療法が行われていました。
炭酸泉とは、炭酸ガスがお湯に溶け込んだ温泉のことを言います。
炭酸濃度の高い温泉に入ったり
炭酸泉を飲むことによって、病気の治癒に役立てられてきたといいます。
炭酸には、血管の拡張や血流の促進という効果がありますので、
特に、高血圧や動脈硬化というような血流が促進されることによって改善が期待される疾病の治療に
利用されてきました。

そのように炭酸は、当初、病気の治療や健康促進に用いられるものでした。

日本で炭酸パックの原型が生まれたのも、医療の現場でした。
床ずれや創傷の治療のために考え出されたのが炭酸パックでした。

炭酸ガスが血行を促進し、皮膚の新陳代謝を高めることによって、
肌細胞による傷の修復作用を促進するという効果を期待され開発されました。

大気中に逃げやすい炭酸ガスを逃がすことなく患部に届けるため
ジェルに閉じ込めに閉じ込めて、患部に作用さえると開発されたのが炭酸パックなのです。

新陳代謝を高める炭酸パックは、老化が進みつつある肌にも効果があるとして
炭酸パックは、美容パックとして応用され、
現在のような美容に効果のある炭酸パックとして販売されるに至っています。

>>TOPへ

>>炭酸パックおすすめランキングへ

このページの先頭へ