炭酸パックは効果ない?

最近、立て続けに2人から「炭酸パックって効果が余り感じられないんだけど。」というようなことを
言われました。

よく話を聞いてみると、どうも炭酸パックに対する過剰な期待があるようです。

炭酸パックは一時期、テレビ、雑誌などのマスコミに大変多く取り上げられ、
ブームのようになっていたことがあります。
加えて、多くの有名タレントや美容関係者がその効果をアピールしたこともあり、
また、即効性を謳われていることもあって、
どうしても炭酸パックに対する期待が大きくなってしまったのだと思います。

気持ちはよくわかるのですが、
炭酸パックは魔法の薬ではありません。

確かに炭酸パックには即効性があります。

二酸化炭素が皮膚から吸収され、血管へ入り込むことによって血管を拡張して血行・血流を良くしますので、
一度炭酸パックをおこなっただけでも、肌の色は明るくなりますし、
炭酸パック後の肌のすべすべ感や、顔がキュと引き締まった感覚、
リフトアップされた感覚など、他のコスメではなかなか味わうことができないものです。

ただ、炭酸パックの本領は、
新陳代謝の活性化や、それによるターンオーバーの正常化
血行・血流の促進による美肌に必須の酸素や栄養素の運搬にあると考えています。

新陳代謝が活性化され、ターンオーバーが正しく行われるようになれば、
肌細胞がきちんと生まれ変われるようになります。

肌細胞がちゃんと生まれ変われることができれば、
余分なメラニン色素が排出され、シミや目の下の茶色いクマが改善されることになりますし、
ニキビ痕などの改善にもつながります。

肌のターンオーバーが乱れると、保湿や肌のバリア機能を担うセラミドなどの細胞間脂質やNMF(Natural Moisturizing Factor:天然保湿因子)の減少を招くことになります。
肌のターンオーバーが正常化されることで、乾燥肌などの肌トラブルの改善を助けます。
健やかな肌のために、正しくターンオーバーが行われることは必要不可欠なのです。

肌細胞は、毎日生まれ変わっていますが、肌細胞層の最下部である基底層で生まれた細胞が、
NMFや細胞間脂質が生成される顆粒層まで上がってくるのに、約14日間かかると言われています。
そして、細胞一つ一つの寿命であるターンオーバーの周期が28日です。

シミやニキビ痕の改善には、やはり時間がかかるのです。

多くの炭酸パック販売メーカーは、10日間連続で使用することを推奨しています。
炭酸パックですぐに改善されるものと時間がかかるもの。
それをまず頭に置いておいて頂きたいと思います。

もうひとつ考えられるのは、個人差による効果の違いです。

個人の肌質、体質はそれぞれ違いますし、効果のある、なし、効果の大きい、小さいの差は、
どんな化粧品でも起こります。

炭酸パックの刺激1つとっても、個人によって感じ方が大変違います。

やはり、炭酸パックの効果もまた個人個人で差が出るのは、当然といえば当然です。

>>TOPへ

>>炭酸パックおすすめランキングへ

このページの先頭へ