炭酸パックの刺激

友人や知りあいから一番多い質問が、「炭酸パックの刺激」についてです。
炭酸パックを愛用しているというと、炭酸パックの刺激について聞かれること、とっても多いです。

炭酸パックの副作用のところでも書きましたが、
炭酸パックは、二酸化炭素が発生することで最初少し刺激があります。

私は全然平気なのですが、どうしてそんなに不安に思うのかなと、友人に聞いてみると、
やはり刺激がとっても苦手という方もいらっしゃって、
そういう方が、「私には炭酸パックの刺激は我慢できませんでした。」というような口コミを書いていらっしゃると、
イメージとして、それが強く残ったりするようです。

炭酸パックメーカーのウェブサイトに、「パチパチ」という表現があったりして、
「本当に肌でパチパチと弾けるような痛みがあるのかなと思ってた。」という同僚もいました。

「使い始めから少しぴりぴりする感じが10数秒」というのが多くあるケースかなと思いますが、
だいたい10数秒~数10秒で収まります。

特に最近人気のリッツスパークリングジェルパックやアクネスラボRジェルパックは刺激がとってもマイルドです。
リッツスパークリングジェルパックにいたっては、刺激がなくて拍子抜けしたくらいです。

私には、刺激は炭酸ガスが一生懸命働いてくれている証明のような気がして、
期待でわくわくしちゃうところがあります。

炭酸パックの刺激は、そのときの肌のコンディションによっても感じ方は違いますし、
ジェルを顔に乗せるタイミングなど発泡のさせ方によっても変わります。
同じ炭酸パック製品でも、日によって感じ方が違ったりするのです。
使っている内に全然平気になっちゃったという友人もいました。

とりあえず試してみて欲しいと思うのですが、
心配な場合は、少し割高にはなっちゃいますが、リッツスパークリングジェルパックなどのように、
1回分を購入できる炭酸パックを選ばれるといいと思います。

1剤タイプの炭酸パックには、刺激のないものもありますが、
やっぱりジェルとパウダーを混ぜてしっかり発泡させるフェブリナジェルパックやリッツスパークリングジェルパックなど、
2剤タイプのものがおすすめです。

でもやっぱり刺激が苦手という方もいらっしゃると思いますので、こちらのページで対処方法をご紹介しようと思います。

ただやはり肌に異常を感じられるときは、専門家の指示を仰いでくださいね。

>>TOPへ

>>炭酸パックおすすめランキングへ

このページの先頭へ