炭酸パックのボーア効果

ボーア効果って?

ボーア効果(Bohr effect)とは、
血液中に二酸化炭素(炭酸ガス)の量が増えると、酸素を運搬するヘモグロビンから酸素が解離しやすくなり、
細胞により多くの酸素が供給される働きです。

ヘモグロビンの働きと二酸化炭素(炭酸ガス)

二酸化炭素(炭酸ガス)のイメージ

肺から供給される酸素は、血液中の赤血球に含まれるヘモグロビンによって、体内の隅々に運搬されています。

ヘモグロビンは、細胞に対し酸素を供給する役目を担っているのですが、
その際、酸素を供給するのと引き換えに、二酸化炭素(炭酸ガス)を回収します。

ヘモグロビンにとって、二酸化炭素(炭酸ガス)は、酸素を供給する引き換えチケットのようなものなのです。
二酸化炭素(炭酸ガス)がたくさんあるとその分酸素が多く供給されます。

酸素は美容にも重要

人間に欠かすことができない酸素ですが、
健康だけでなく、美容に果す役割も大変重要です。

これこそ、炭酸ガスを閉じ込めたジェルが肌内に炭酸ガスを送り込むことによって、
様々な美容効果を得られる炭酸パックの働きなのです。

>>TOPへ

>>炭酸パックおすすめランキングへ

このページの先頭へ