炭酸パックと水素パックの違い。どう違うの?

「水素パックって、炭酸パックじゃないの?」「どう違うの?」という質問を受けたことがあります。

炭酸パックと水素パックの違いをご紹介したいと思います。

炭酸パックと水素パックの違い

炭酸パックと水素パックの作用

炭酸パックの作用
血行血流促進・ターンオーバー正常化

水素パックの作用
悪玉活性酸素を体外へ排出

炭酸パックと水素パックの効果

炭酸パックの効果
シミ、しわ、たるみ、むくみの改善、リフトアップ効果、ニキビ・ニキビ跡の改善、美白効果、など

水素パックの効果
シワやたるみの予防、リフトアップ効果、ニキビ・吹き出物を改善・予防、美白効果、など

シートパックを広げる女性の写真

炭酸パックと水素パック 違いを詳しく

炭酸パックは、血行促進とターンオーバー正常化がポイント

炭酸パックの二酸化炭素を肌が吸収すると、
血管内のヘモグロビンが二酸化炭素とくっつきます。
その代わりに、ヘモグロビンはもっていた酸素を手放し、細胞に酸素が供給されます。

また、二酸化炭素によって、身体が一時的に酸欠の状態になったという錯覚をおこします。
酸素をより供給するため血管を拡張し、血流が促進されます。
それらにより、肌細胞が活性化ターンオーバーが正常化されます。

水のイメージ画像

水素パックは、悪玉活性酸素を除去

水素は強い抗酸化作用を持っており、悪玉活性酸素を無力化します。

体内で生まれる活性酸素には、良い働きをする「善玉活性酸素」と体に悪い働きをする「悪玉活性酸素」があります。
水素は、老化の原因となる悪玉活性酸素とのみ結合し体外へ排出します。

また、水素には、抗炎症作用、抗アレルギー作用もあります。

シャボン玉のイメージ画像

炭酸パックと水素パック 効果の違い

炭酸パックの肌への効果

炭酸パックの効果については、すでに多く述べてきました。

血行・血流促進、肌細胞の活性化により、ターンオーバーが正常化され、老廃物がスムーズに排出されるようになります。
その結果、シミ、しわ、たるみ、むくみの改善、リフトアップ効果、ニキビ・ニキビ跡の改善にも効果を発揮します。

詳細は、各ページをお読みくださいね。

炭酸パック

水素パックの肌への効果

肌老化の原因となる悪玉活性酸素を除去することで、肌の弾力に必要なエラスチンやコラーゲンを守り、シワやたるみの予防、リフトアップ効果が期待できます。

水素がもつ抗炎症作用によって、ニキビ・吹き出物を改善・予防することができます。

活性酸素を排出することで、メラニン色素増加を抑制し、美白効果が期待できます。

水のイメージ画像

通販で購入できる炭酸パック・水素パック

通販で購入できる炭酸パック

フェブリナ炭酸ジェルパック

フェブリナ炭酸ジェルパックフェブリナジェルパック公式ページ
初回限定 5回分 4,500円(税込)
公式サイトで70%オフ)

シーコラ プラチナム

シーコラプラチナム炭酸パック シーコラプラチナム公式ページ
定期コース初回特別価格
12回分 2,430円(税込)
2回の継続約束(総額6,318円(税込))

通販で購入できる水素パック

クリスタルハイドロゲンフェイシャルマスク

クリスタルハイドロゲンフェイシャルマスククリスタルハイドロゲンフェイシャルマスク公式サイト
1箱(3回分)3,980円(税込)
3箱(9回分)8,940円(税込)
(1箱あたり 2,980円(税込))

エステリア ハイドロゲン シルキーパック製品(6個入り)

エステリア ハイドロゲン シルキーパック
税込 8,423 円

>>TOPへ

このページの先頭へ