フロム CO2スキンローション 口コミ体験談

フロム CO2スキンローション

フロム CO2スキンローションは炭酸パックではなく、その名前の通り、炭酸スキンローションです。

20~30分炭酸ジェルをパックする炭酸パックではなく、スキンローションですので
どのくらい効果があるのか、少し疑問にも感じたのですが、口コミでの評価が大変高かったので、
試してみました。

line

フロム CO2スキンローション

商品説明に「横にしたり振ったりしないで下さい」と書かれていますので、
それに従い、ローションをコットンにとります。

しゅわしゅわと泡状のローションが出てきます。

2プッシュ、500円玉の大きさくらいが適量のようです。

丁寧にお手入れしたいときなどはもう少し多めに出しています。

line

フロム CO2スキンローションの使い方

ふきとり→パッティング→プレスの順でお手入れするのが効果的だそうです。

まずは、ふきとり。
コットンで肌をなでるように拭いていきます。

コットンでふき取りをすると、洗顔のとき落としきれなかった洗顔料の残りなどが取れて
とっても気持ちいいです。

ピーリングの効果があるので、余分な角質が取れるのも快感です。
その後の美容成分が浸透しやすくなる感じがします。!
摩擦で肌にトラブルを起こさないよう、たっぷり使います。

その後で、パッティングです。

私は、たいていコットンを使いますが、手にとって、パッティングするのも効果的だそうです。

たっぷりのフロム CO2スキンローションでパッティングすると、頬が少しピリリと感じることがあります。
そして、肌がほんのり赤くなって、暖かく感じるのです。

これは、炭酸パックと同じ!
ローションに含まれた炭酸ガスがしっかりと働いてくれているんですね。

最後に、ハンドプレス。
手で頬を包み込むようにやさしくハンドプレスします。

朝などは時間がなくて、なかなかハンドプレスまでできませんが、
夜など時間がとれるときには、ゆっくりハンドプレスまですると、肌がふっくらと柔らかくなります。

line

フロム CO2スキンローションの利点

フロム CO2スキンローションが、ローションであることでとっても便利なこと、
それは、顔以外の部分のお手入れがしやすいということです。

首やデコルテのケア、とっても大切ですよね。
首やデコルテというのは、年齢が現れやすい部分ですし、思っている以上に印象を左右します。

ローションだと、炭酸パックよりずっと簡単にお手入れできるのです。

手の甲もまた年齢が現れやすい部分ですが、ついケアを怠りがちになります。
そして肘や膝
顔をパッティングした後のコットンで簡単にお手入れすることができます。

line

フロム CO2スキンローションの効果

フロム CO2スキンローションを使って実感したのは、肌にハリがでたことと、肌のキメが整ったことです。
手触りが全然違ってきました。
もっちりスベスベという感じです。
確かに口コミに嘘はなかったって思いました。

もう1つ特に感じた効果は、肌に潤いを与えてくれることです。
私は混合肌なので、口の横や目の下が特に乾燥しやすいのですが、しっかりと潤ってくれます。

冬などの乾燥しやすい季節、乾燥気味かな、と思ったら、コットンではなく、手にとって部分的に重ねづけしています。

次の乾燥しやすい時期には、シートやコットンに含ませて、パックをしてみようかなと思っています。

混合肌の方や乾燥肌の方には絶対おすすめです。

フロム CO2スキンローション公式ページ

>>TOPへ

>>炭酸パックおすすめランキングへ

このページの先頭へ